Thai Girl's Song Name: 城島 [2007/09/08,23:53:42] No.13
1980年代、日本製品と日本企業のタイへの進出が始まった。

この歌は、その頃タイではやったものである。しかし、
この歌のように自嘲的に考える人々は、今、タイには、いないのではないか。
タイは、人口約6,200万人、GNI1,233億ドル、1人当たりGNI 2,000ドル。
ASEAN諸国中第2位の経済規模を誇る地域の経済大国となった。

そのタイの重要性を、日本人の誰もが否定することはできないだろう。
時代は、変わり、人々の考え方も変わる。
経済がボーダーレスになる中で、人間全てが変わっていくのである。

Every morning the Seiko alarm clock wakes me up.
I brush my teeth with White Lion,
use Pias Foam to clean my face
and Kao Fesa to shampoo my hair.

I go to work in my Honda,
listening to the news from Nippon Denpa.
I turn on the Toshiba fan
and plug in the National electric kettle.

Where do I go for shopping?
Thai Daimaru, of course.
I buy nice dresses from Thai Tore.
I eat soba and drink sake.
I take pictures with Fuji films.
Back home, I listen to the Sony cassette player,
then turn on the Sanyo TV set,
tuning for Kamo Kendo.

I get a blast of Wacoal ads.
It's so nice to devour Japanese songs and music.

This is the modern way of life.
But then I start to doubt my identity.
I turn to the Asahi Glass mirror and ask:
Am I a Japanese or a Thai?
Am I a Japanese or a Thai.


[Back without reply]