イギリス・アングロサクソンの気質 名前: IEDI [2007/02/11,22:39:29] No.3
「イギリス人は生まれつき、世界の主人たるべき不思議な力を持っている。彼はあるものが欲しいとき、それが欲しいということを彼自身にさえ言わない。

彼はただ辛抱強く待つ。そのうちに彼の欲しいものの持ち主を征服することが、彼の道徳的、宗教的義務であるという燃えるような確信がどういうわけか彼の心に生じてくる。

そうなると彼は大胆不敵になる。貴族のように好き勝手な振る舞い、欲しいものは何でもつかむ。小売商人のように勤勉に、堅実に目標を追求する。それが強い宗教的確信や、深い道徳的責任感である。

そこで彼は効果的な道徳という態度を決して失う事がない。自由と国民的独立を振りかざしながら、世界の半分を征服し併合する」。

皮肉屋:バーナード・ショーの『運命の人』から引用。


[返信しないで戻る]